介護福祉士や薬剤師になるためには!仕事を探すポイント

求人を探すときの心構え

新しい仕事を探すときには、まずご自身がどのような仕事をしたいのかを考える必要があります。その上で給料や勤務時間など細かい条件を決めていき、最終的にご自身が働きやすいと感じる職場に応募しましょう。

求人を選ぶときの条件ベスト3

no.1

給料

私達が生活していく上でお金は欠かせません。そのため、求人を選ぶ際には「給料」で選ぶ必要があると言えるでしょう。給料が高いことが全てというわけではないので、ご自身の経済状況に合わせて選ぶといいでしょう。

no.2

労働時間

仕事以外のプライベートも大切という方も多く、「労働時間」や勤務時間などから求人を選ぶ方もいらっしゃいます。給料を重視しない方、自分の時間を費やしたい方なら、労働時間の長さで求人を選ぶのもいいです。

no.3

やりがい

仕事を続ける上で給料や労働時間以外にも「やりがい」が大事です。長い間、仕事を続けている多くの方はやりがいを感じて仕事を行っています。これから何十年も働くことを想定してやりがいを感じられる仕事を探しましょう。

仕事探しで必須のツール

求人を探す上でネットを利用する方も多いですが、自分に合った仕事を探す上で職業安定所も非常に頼りになります。そのため、仕事探しで職業安定所を利用するのもいいでしょう。これからネットと職業安定所を利用するメリットについて紹介していきます。

ネットと職業安定所を利用するメリット

ネット

・24時間いつでも求人を確認できる
・条件を指定するだけで求人が絞り込める
・最新の求人情報が掲載される

職業安定所

・職員が仕事探しをサポートしてくれる
・必要なら職業訓練を受けることが可能
・失業給付を受けながら仕事が探せる

[PR]
介護の求人が出ている
まずは面接に行こう!

医療・福祉系で人気の介護福祉士・薬剤師!

薬剤師

医療系の仕事の代表格

医療系の仕事でも医師と並ぶ「薬剤師」の仕事は専門性も高く、高収入を得ることができます。しかし、その反面、医薬品全般についての幅広い知識を要求される仕事でもありますので、医療分野の職種でも難易度が高めです。薬剤師になるためには、大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験に合格する必要があります。薬剤師になるのは難しいですが、就職先、将来においては通常の職業よりも安定度が高いと言われています。

老後の生活を支える介護福祉士

医療・福祉系の職種で近年、需要が高まりつつある「介護福祉士」は高齢者や障害者の生活をサポートする仕事になります。介護系の仕事は複数ありすが、その中でも介護福祉士は国家資格であり、取得するのは簡単ではありません。しかし、取得してしまえば仕事は全国各地で沢山あるために、職にあぶれるということはないです。

サービス提供責任者の仕事

介護系の職種でも施設やサービスを利用している方の老後のプランを企画する仕事が「サービス提供責任者」になります。サービス提供責任者は名前通り、企画の責任者であり、ケアマネジャーやケアワーカーと連携しながら、入居者様を満足させるコーディネート業務を行います。高齢者や障害者の人生を支える仕事になりますので、サービス提供責任者は責任感や思いやりのある方に向いています。

求人選びのポイント

求人は写真だけで選ばない

求人誌や求人サイトに職場の雰囲気を見せるために写真を掲載している企業も多いです。職場の環境を確かめるという意味では写真は参考になるものの、写真から得られる情報には待遇面や人間関係がないので、鵜吞みにしないでおきましょう。

求人の情報は隅々まで確認する

求人に記載された情報には、信憑性のないことも書いてあることもあります。本来、そのようなことがあってはならないのですが、万が一のために、求人情報は隅々まで確認するといいでしょう。労働条件や給料、待遇面は必ずメモか写真に残すことをおすすめします。

あらゆる手段でリサーチする

気になる施設や企業の情報があれば、インターネットを活用してホームページをチェックしておきましょう。また、働く現場の情報を得るためにも、実際に働いている方の口コミや評価なども確認しておくことをおすすめします。

紹介と現場見学を利用する

専門学校や大学を卒業して資格を保持しているのであれば、その学校の先生や講師に職場を紹介してもらうというのが手っ取り早いです。しかし、そうすることができない場合には、気になる施設や企業などは現場見学を利用して、内情をチェックするといいでしょう。

[PR]
医療事務の求人を大阪で確認
働きやすいところが見つかる

[PR]
サービス提供責任者の求人をチェック
簡単に絞り込みができちゃう